渋谷のインプラント治療で用いられるチタン

subpage01

渋谷にも専門のクリニックがあって治療を行うインプラント治療が台の永久歯と呼ばれるのは、人工の歯根を患者さんの顎の骨に直に埋め込んでそこに人工の歯を取り付けるからです。
この手術により、食事をした時には噛む力がダイレクトに顎の骨に伝わるので天然歯に近い噛み心地が得られて快適です。

またインプラント治療は失くしてしまった歯1本ごとに治療が可能で、入れ歯やブリッジのように残っている他の歯を支えにしたり削って連結するということがないのも特徴です。

BIGLOBEニュースの情報を掲載しませんか。

そのため、見た目・機能性ともに元々の自分の歯に近い人工歯を得ることができる治療として渋谷の専門クリニックでも大変人気が高くなっています。インプラント治療では、顎の骨に埋め込む人工歯根はチタン製のものが使われるのが一般的です。

これは、生体親和性が高く丈夫であるというチタンの性質によります。

チタンは金属の一種ですが、金属アレルギーの原因になりにくく体にとって害を及ぼしにくい金属です。

また熱を電動しにくいため温度差のあるものを飲食した時の不快感も抑えることが可能です。
また、軽くて強度が高いのもチタンの特徴で、鉄と比較すると重量はおよそ半分で鉄以上の強度を備えています。
さらに、塩分や酸による腐食が起きにくいのもチタンの大きな特徴です。


このように、インプラントの人工歯根に使われるチタンは大変耐久性が高いのですが、そのメリットを最大限に発揮するためには日々のメンテナンスがとても大切です。



渋谷のインプラント治療専門院でも、治療後の定期検診を重視して推奨しています。



定期検診でチェックやクリーニングを受けることで口腔内の環境を良好に維持することができ、第2の永久歯治療の魅力も十二分に発揮されます。